paypayとは?デメリットや使い方、加盟店一覧や手数料も調査!

paypay(ペイペイ)とは?デメリットや使い方、使える店や加盟店一覧(大阪・福岡・名古屋など)や手数料も調査してみました♪paypay(ペイペイ)とはどんなものなのかをチェックしてみました!デメリットや使い方、加盟店一覧(大阪・福岡・名古屋など)や手数料も調査!

スポンサーリンク

PayPay(ペイペイ)とはどんなもの?

今回は、PayPay(ペイペイ)について取り上げていきたいと思います。

さて、そもそも、PayPay(ペイペイ)というのは、いったい、どのようなものなのでしょうか?

初めて名前を聞いたという方も、かなりいらっしゃるのではないかと思います。

実は、PayPay(ペイペイ)というのは、決済サービスの一種なのでした。

「Pay」というのは「支払う」という意味ですから、これには納得ですね。

それでは、なんの決済サービスなのかということですが、ずばり、スマホなのでした。

スマホの決済サービスといっても、実にいろんなタイプのものが存在しています。

それだけに、PayPay(ペイペイ)がどういった流れのスマホの決済サービスなのかが、とても気になってきますよね。

この点につきましては、後ほどご紹介してまいりますので、PayPay(ペイペイ)に興味があるという方は、ぜひ、ご覧ください。

PayPay(ペイペイ)は安全な企業が運営中。

ということで、スマホの決済サービスだった、PayPay(ペイペイ)。

しかし、そうはいっても、スマホの決済サービスとくれば、安心できる安全なものなのかという点が、どうしても不安になってくるものではないでしょうか?

もしも、とても利便性の高いスマホの決済サービスだったとしても、安心できる安全なものでなかったとしたら、困りますからね。

そこで、PayPay(ペイペイ)は信用することが出来る企業が運営しているのかどうか、さっそく、調べてみました。

すると、PayPay(ペイペイ)は、安心できる安全な企業が運営しているということが分かったのです。

PayPay(ペイペイ)を運営している企業というのは、サービス名と同じ、「PayPay」。

なんといっても、その出資元というのがすごくて、あの、ソフトバンクやヤフーといった一流企業が名を連ねていました。

また、さらには、Paytmという、インドでトップクラスのデジタル決済の企業までもくわわっていたのですね。

これなら、PayPay(ペイペイ)を、じゅうぶん信用することが出来るのではないでしょうか。

>>最低賃金引き上げ2019!デメリットや予想時期、いつから適用?

PayPay(ペイペイ)のを使うとどんなメリットがあるの?

PayPay(ペイペイ)といっても、利用するうえでは、メリットやデメリットがどうしてもあるはずです。

そこで、まずはPayPay(ペイペイ)のメリットを見ていきましょう。

先ほどもご紹介しましたように、ソフトバンクやヤフーなどといった信用できる大企業が出資元になっていたというところが、まずは挙げられるでしょう。

しかし、PayPay(ペイペイ)のメリットは、まだまだ、これだけではありませんでした。

まずは、くわしくは後でお伝えしますが、わりとかんたんに登録することが出来るということが一点。

利便性でいえば、クレジットカードだけではなく、銀行での振り込み、さらには、Yahoo!マネーまで使えるというところも見逃せません。

そして、0.5パーセントの還元率があるサービスが挙げられますね。

これだけたくさんのメリットがあった、PayPay(ペイペイ)。

これは1度は、ぜひとも使ってみたいものですよね。

>>paypayキャンペーン終了後は?5000円で得する攻略法紹介!

PayPay(ペイペイ)にデメリットは無いの?

以上がPayPay(ペイペイ)のメリットでした。

それでは、逆に、PayPay(ペイペイ)とは、デメリットはどうなっていたのでしょうか。

出来ることなら、あまりデメリットはない方がいいのですが…?

まずは、PayPay(ペイペイ)を使うことが出来る店舗が少ないということが挙げられます。

これはたしかに利便性を欠いていますよね。

あと、PayPay(ペイペイ)のデメリットといえば、付与される限界額が比較的少ないということもありました。

いったい、いくらだったのかといいますと、毎月5000円までだったのでした。

正直なところ、これもいささか額が少ないですから、物足りない感じはありますよね。

以上がPayPay(ペイペイ)のデメリットなのでした。

しかし、そこまでひどいというようなレベルではなかったので、何よりです。

個人的にはですが、じゅうぶん、使用してみることを推奨することができる範囲内ではないかと思いましたね。

>>ファーウェイの余計なものとは何?ソフトバンクとの関係やホークス

PayPay(ペイペイ)の使い方や簡単な登録方法をチェックしてみました!

さて、先に述べましたように、PayPay(ペイペイ)とは、どういった流れのスマホの決済サービスなのかということですが、さっそく、見ていきましょう。

はたして、PayPay(ペイペイ)の使い方や、そもそもの登録方法とは…?

まずは使い方ですが、2つの支払い方法を選んで使うことが出来るのが特徴。

1つめは電子マネーで、もう1つはクレジットカードです。

バーコードの読み取り方も、ユーザーがアプリで読み取る方法と、店舗の従業員がレジで読み取るものなどがあります。

続く登録方法は、まずは、PayPayアプリをダウンロードします。

その後は、電話番号かYahoo!IDのいずれかを使って登録することになります。

そして、Yahoo!IDとパスワードを入力して、ログイン。

あとは、SMS認証、クレジットカードの登録のみで完了となります。

PayPay(ペイペイ)は、使い方も便利で、登録方法もかんたんで、やはり、使用してみるメリットは大きいといえるでしょう。

スポンサーリンク

PayPayのキャンペーンってどんなもの?

PayPay(ペイペイ)といえば、キャンペーンも話題になっていて、見逃すことが出来ません。

この注目すべきPayPay(ペイペイ)のキャンペーンがスタートしたのは、2018年12月5日のことでした。

それは、還元率20パーセントキャンペーンというものだったのです。

これまでの0.5パーセント還元だけでもすごいですから、これにはビックリですよね。

なお、このキャンペーンは、2019年3月31日までとなっています。

それより前に終了してしまうこともあるといいますから、この点には気をつけておきましょう。

そもそも、なかなか行われることではありませんから、PayPay(ペイペイ)をご利用の方も、そうではない方も、くれぐれも、キャンペーンを忘れてしまうことがないように注意しておいてください。

paypayの加盟店一覧や使えるお店をチェック!

そんなPayPay(ペイペイ)なのですが、どこの店舗であっても、気軽に使うことが出来るものではありませんでした。

すでにご説明しましたが、PayPay(ペイペイ)は、使うことが出来る店舗が少ないというデメリットがありましたからね。

それでは、PayPay(ペイペイ)とは、加盟店、使える店舗は、いったい、どこだったのでしょうか?

まず、家電販売店などでは、ヤマダ電機、コジマ、ベスト電器、マツヤデンキ、ビックカメラ、ソフマップ、エディオン、ジョーシン、TSUKUMO、100満ボルト、など。

続いて、コンビニでは、ファミリーマートとなっていました。

とはいえ、コンビニでは、さらに今後、ポプラやミニストップも加わることになるといいますから、とても楽しみですよね。

PayPay(ペイペイ)は、これから先、さらに利便性を増していくこととなりそうです。

消費者としては何よりですよね。

paypayの加盟店はアプリで確認できる!

このように、利用可能店舗はある程度限られていた、PayPay(ペイペイ)。

では、自分の身近にある店舗は利用できるのかどうかということが、とても気になってきますよね?

このことは、わざわざ当該店舗に問い合わせをしてみないと分からないのでしょうか?

そんなことはありませんでした。

実は、PayPay(ペイペイ)の利用可能状況については、アプリで確認できたのですね。

PayPayアプリをダウンロードしてから、マップ上の利用可能な店舗一覧を見れば、分かったのです。

これなら、あなたも利用可能店舗をめぐって困るようなことはないでしょう。

paypay 加盟店一覧 大阪・福岡・名古屋は?

ということなのでpaypayを使える加盟店一覧(大阪・福岡・名古屋)はアプリで確認できるので、是非アプリでお近くの店舗を見つけてみてください♪

paypayとは?デメリットや使い方、加盟店一覧や手数料も調査!まとめ

今回は、「paypayとは?デメリットや使い方、加盟店一覧や手数料も調査!」というテーマでご紹介してきましたが、いかがでしたか?

また、最新情報が入ったら更新していきますね!!

>>paypayキャンペーン終了後は?5000円で得する攻略法紹介!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。