神木隆之介の子役時代代表作ドラマ一覧!画像が可愛すぎと話題!

神木隆之介の子役時代代表作ドラマ一覧を画像も合わせてチェックしてみました!こんなに出てたの?この作品にも?神木隆之介の子役時代代表作ドラマ一覧が豪華すぎる!画像も合わせてチェックしてみました!神木隆之介の実はすごすぎるエリートキャリア!

スポンサーリンク

神木隆之介の子役時代の代表作ドラマ・映画一覧がすごい!画像もチェック!

今では立派な俳優として活躍している神木隆之介さんですが、まだ子役のイメージが大きいという方もいらっしゃることでしょう。

それでは、まだ子役時代だったころ、神木隆之介さんがどれだけのドラマ、映画に出演してきたか、ご存知でしょうか。

そこで、この記事では、神木隆之介さんの出演してきた代表作のドラマ・映画一覧ということで、1つ1つ確認していきたいと思います。

くわえて、子役時代の神木隆之介さんの画像のほうもチェックしていきましょう。

神木隆之介の子役時代の代表作ドラマ:大河ドラマ「義経」


神木隆之介さんの子役時代のドラマの代表作で最たるものといえば、やはり2005年のNHK大河ドラマ『義経』ですよね。

ここで神木隆之介さんは、滝沢秀明さん演じる源義経の幼少期の牛若丸役を熱演。

まだ小学生だったにもかかわらず、子役としての知名度が向上し、大活躍となりました。

天才子役といわれただけあって、時代劇の衣装もよく似合っていました。

なお、神木隆之介は、その後、おなじくNHK大河ドラマ『平清盛』において、牛若丸の成人後の源義経役も演じています。

こちらもこちらで評価の高いものとなりました。

スポンサーリンク

神木隆之介の子役時代の代表作ドラマ:グッドニュース

神木隆之介さんの子役時代のドラマの代表作の1つといえば、『グッドニュース』は欠かせません。

なにしろ本作は、神木隆之介さんの記念すべきドラマデビュー作だったからです。

放送されたのは1999年で、当時、神木隆之介さんはまだ小学校に入学すらしていませんでした。

演じたのは白木直也という少年で、中居正広さんの再婚相手の息子というものでした。

まだほんの子供といった風情ですね。

神木隆之介の子役時代の代表作ドラマ:涙を吹いて

神木隆之介さんの子役時代のドラマの代表作の『涙を拭いて』。

こちらは2000年に放送され、当時、神木隆之介さんは、小学1年生でした。

しかし、画像からは子役のオーラが漂っていますね。

演じた役柄は、淵上良太役で、二宮和也さんと上戸彩さんの弟という役でした。

今では3人とも、俳優、女優としてそれぞれご活躍なので、懐かしい一コマですね。

神木隆之介の子役時代の代表作ドラマ:ムコ殿

神木隆之介さんの子役時代のドラマの代表作の『ムコ殿』。

2001年放送の作品で、当時、神木隆之介さんは8歳で、少し成長したものの、まだ幼さが残っています。

演じたのは、新井努役で、長瀬智也さんの甥、そして相葉雅紀さんのはとこという設定でした。

それにしましても、神木隆之介さんの場合は、とにかく、なにかとジャニーズタレントとの絡みが多めのようですよね。

スポンサーリンク

神木隆之介の子役時代の代表作ドラマ:あいくるしい

神木隆之介さんの子役時代のドラマの代表作で、現代劇といえば、『あいくるしい』ですね。

NHK大河ドラマ『義経』とおなじく、2005年に放送されました。

やはり、当時はまだ小学生だったので、かわいらしいものとなりました。

ドラマの中では、真柴幌役を演じ、兄が市原隼人さん、姉が綾瀬はるかさんという豪華キャスティングに。

さながら、本物の家族のようなナチュラルな顔ぶれとなりました。

神木隆之介さんにとっても、きっといい思い出に違いありません。

神木隆之介の子役時代の代表作ドラマ:Drコトー

神木隆之介さんの子役時代のドラマの代表作の『Dr.コトー診療所』。

2003年の放送で、10歳になっていますから、やっと、少年らしくなってきたころですね。

神木隆之介さんの演じたのは杉本竜一役で、大塚寧々さんの息子という役どころ。

大塚寧々さん演じる母親とは離れて暮らしているという設定が、視聴者の胸を打ちました。

ドラマの中で発揮した神木隆之介さんの孤独さをまとった表情も、実にうまいものになっていました。

神木隆之介の子役時代の代表作映画:妖怪大戦争

続いては、神木隆之介さんの子役時代の映画の代表作ですが、やはり『妖怪大戦争』でしょうね。

2005年の公開で、神木隆之介さんは12歳。

演じたのは稲生タダシ役。

劇中では、妖怪たちも登場するなかでの勇ましい演技によって、おおいに評判になりました。

この作品での活躍によって、神木隆之介さんは日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞することとなり、子役としての地位は不動のものとなったのです。

スポンサーリンク

神木隆之介の子役時代の代表作ドラマ:探偵学園Qシリーズ

ふたたび、神木隆之介さんの子役時代のドラマの代表作に戻りましょう。

やはり、『探偵学園Q』シリーズも捨てがたいといえるでしょうね。

最初は2006年に単発ドラマとして放送され、2007年には連ドラ化されることに。

演じたのはキュウ役で、神木隆之介さんにとって、記念すべきドラマ初主演作となりました。

志田未来さんや山田涼介さんと共演したことでも話題になっていくことに。

画像的には、もっとも子役時代の神木隆之介さんのイメージに近い感じでしょうか?

神木隆之介の子役時代の代表作映画:千と千尋の神隠し(声優)

また、神木隆之介さんの子役時代の映画の代表作を取り上げていきますが、俳優ではなく声優として名声を高めたのが、『千と千尋の神隠し』。

2001年、坊役で出演し、まだ幼さの残る声ながら、映画史に残る名演となりました。

しかし、神木隆之介さんにとっては、なんとこれが声優としてのデビュー作。

声優としての初仕事が宮崎駿監督作品で、それも日本を代表するアニメ映画とは、破格のものでしょう。

やっぱり、ただものではない才気を感じさせますよね。

スポンサーリンク

神木隆之介の子役時代の代表作映画:ハウルの動く城(声優)

神木隆之介さんの子役時代の映画の代表作で、やはりスタジオジブリ作品といえば、『ハウルの動く城』。

2004年、マルクル役で出演しました。

ここでの演技も絶賛されましたが、神木隆之介さんの声優実績はまだまだあります。

2009年には、『サマーウォーズ』に小磯健二役で、2010年には、スタジオジブリの『借りぐらしのアリエッティ』に翔役で、2016年には、『君の名は。』に立花瀧役で出演していて、このうち、『借りぐらしのアリエッティ』以外では主演。

さらに、こうした実績によって、声優アワード主演男優賞を受賞していたのです。

俳優だけではなく、声優としてもこれとはマルチすぎますね。

神木隆之介の子役時代・2歳でデビュー!画像は?

神木隆之介さんの子役デビューは、なんと2歳のときでした。

1995年、CM出演で芸能界入りしていたのですね。

トイボックスの「ミッキーのおしゃべりハンドル」でした。

当時の画像もありますが、まだ年齢的に、さすがにふつうの子供といった感じですね。

もちろん、顔はとてもかわいらしいものですけど。

関係者もまさか、この少年が後に子役として大ブレイクするとは、想像できなかったに違いありません。

スポンサーリンク

神木隆之介の子役時代の性格は?

さて、立派な俳優になった神木隆之介さんですが、子役時代の性格はどんな感じだったのでしょう?

なんと、神木隆之介さんは、まだ子供だったにもかかわらず、母親の教育もあって、つねに謙虚であることを心掛けていたといいます。

演技の実力もさることながら、こうしたことも子役として消えなかった原因の1つなのでしょうね。

俳優になった今も、神木隆之介さんはきっと、同じ精神で活躍しているに違いありません。

神木隆之介の子役時代代表作ドラマ一覧!画像も合わせてチェック!まとめ

今回は「神木隆之介の子役時代代表作ドラマ一覧!画像も合わせてチェック!」という内容でご紹介してきましたが、いかがでしたか?

また、最新情報が入ったら更新していきますね!

>>神木隆之介結婚してる説の理由は?結婚候補の4人とは・・・?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする