中条あやみの演技力評価まとめ!演技下手と言われてる?出演経歴一覧

スポンサーリンク

中条あやみ,演技力,評価,演技下手,言われてる,経歴

中条あやみの演技力評価はどんな感じ?ネットでの評価や業界での評価をまとめてみました!ドラマで主演もしてるけど、演技下手と言われてる?意外と上手で受賞もしてる?出演経歴の一覧をチェック!中条あやみの演技力評価まとめ!演技下手と言われてる?出演経歴一覧も!

スポンサーリンク

中条あやみの演技力への評価は?

数々の映画・ドラマで主演を務め、第一線で活躍中の中条あやみさん。
CMで見かける日も多く、9頭身美女がコミカルなダンスを披露して、テレビを華やかに彩ってくれています。

いかにも現在の芸能界らしい、「親近感あるけどセレブなんだろうなあ」と思わせる存在。

しかし演技の評価は芳しくない?

現状、女優としての演技力の評価はどうなっているのか?

様々な意見がありますが、その総評を探ってみました。

中条あやみの業界での評価は?性格は?

お父さんがイギリス人で、お母さんが日本人というハーフ。ハーフモデル出身のスレンダーな9頭身、その美貌は申し分なし。

イギリスの親族の方と英語で語らう姿は、彼女の国際的な出自をありありと醸し出していました。それでいて嫌味のない、屈託のないジョークでじゃれ合うような立ち振る舞いは、非常に微笑ましさを感じさせます。

この点も彼女の大いなる魅力。イギリス的な奥ゆかしさと、大阪人のサービス精神が融合しているのでしょうか。居丈高に構えるでもなく、コテコテの関西ワールドを発揮するでもなく、スマートな日常をフランクに共有しています。プライベートはとても素敵そう。

性格的にも明るく礼儀正しいと評判で、こちらも申し分ありません。

しかしタレントのキャラクターとしては、突出した個性と呼べるものはありません。そこは物足りないという印象は拭えないようです。

その美貌ゆえに高飛車なイメージを与えそうですが、むしろ抑えすぎているのかも。

イギリスらしい知的で温厚な要素を、そのまま受け継いでいるのかもしれませんが・・・。

ハーフタレントが非常に多くなっている昨今、何を前面に押し出していくべきか、なんとも悩ましいところでしょう。

スポンサーリンク

中条あやみの演技力は、表彰されてる?受賞した賞は?

雑誌『seventeen』でのグランプリ獲得、第28回ジュエリーベストドレッサー賞・10代部門など、モデルとして輝かしい功績を持つ中条あゆみさん。

実は演技面でも、複数の賞を受賞しています。

映画『セトウツミ』では主演を務め、第71回毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞を受賞。

そして第41回日本アカデミー賞では、新人俳優賞に輝いています。

映画『チア☆ダン』での、ダンスも含めた活躍ぶりが評価されたようです。
いずれもルーキーとしての、期待込みの評価かもしれませんが、決して無冠の帝王ではないんですね。

スポンサーリンク

中条あやみの出演経歴一覧!

中条あやみの出演経歴一覧もチェックしていきましょう!

中条あやみ出演テレビドラマ

  • 黒の女教師(2012年 TBS)梅原優役
  • SUMMER NUDE(2013年 フジテレビ)瀬麻美役
  • She(2015年 フジテレビ)荻原あずさ役
  • ほんとにあった怖い話 夏の特別編(2015年 フジテレビ)飯田真美役
  • 世にも奇妙な物語’17春の特別編「夢男」(2017年 フジテレビ)主演/ミドリ役
  • 白衣の戦士!(2019年 日本テレビ)主演/立花はるか役

中条あやみ出演映画

  • 劇場版 零~ゼロ~(2014年)主演/月守アヤ役
  • ライチ☆光クラブ(2016年)ヒロイン/カノン役
  • セトウツミ(2016年)ヒロイン/樫村一期役
  • チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~(2017年)玉置彩乃役
  • 覆面系ノイズ(2017年)主演/有栖川仁乃役
  • 3D彼女 リアルガール(2018年)主演/五十嵐色葉役
  • ニセコイ(2018年)主演/桐崎千棘役
  • 雪の華(2019年)主演/平井美雪役

結構出ているんですね!!

さすが売れっ子です・・・。

スポンサーリンク

中条あやみの演技は上手いと思う人はどんな意見?

  • 『チア☆ダン』観てきた!体の柔らかさだったり、部長としての、渾身の演技から滲み出す努力を感じる事ができた。怒ったり泣いたりなどの感情を表に出す場面では、女優なのでは!?と思うほど。本職がモデルとは感じられない演技
  • 感情が変化する流れ、その進み方などが上手い

みなさん褒めていますね!

私も、中条あやみさんは、「かわいさ」を意識しすぎない自然で全力な演技をしていて、すごい好感を持っています♪

中条あやみは「演技下手!」と思う人の意見は?

・まあとてもキレイだけどな、演技は下手だな

・もっと仕事を選んで、自分の美貌を最大限に勿体ぶった方がいいだろうと思った。敢えてもっと言うならば、正直演技は下手なんだから・・・モデルだけやっとけ・・・とも思えなくもない

・ニセコイ実写化!!ありえぬ!!中条あやみクソ演技下手やし・・・そこいらの少女漫画にしといてくれれば良かったのに・・・

モデルとしての実力が高いので、演技に対しては辛口な意見もやはりありました。

非現実的な美しさも足かせになっているかもしれませんね!

スポンサーリンク

中条あやみの演技力評価:白衣の戦士の演技は?

2019年4月現在、ドラマ『白衣の戦士』で、水川あさみさんと共演している、中条あやみさん。

これまでに多数のドラマ、映画で活躍してきた女優ですから、当然、演技力の評価は高くなっているものと思いきや…?

これがびっくり、かなり低評価となってしまっていたのでした。

なんと、ドラマ『白衣の戦士』を見ているだけでイライラしてくるという視聴者が続出していたとか。

元ヤンキーの看護師という異色の役どころだった、中条あやみさん。

しかし、独特の設定がわざわいしてか、演技自体が向いていないなんて声まで出てしまったのです。

中条あやみさんにとっては記念すべきドラマ初主演作だっただけに、いくらなんでも気の毒すぎる結果となってしまいました。

ただ、振り切った演技で良いという評価もありましたので、見る人によるって感じでもあります・・・。

中条あやみの演技力評価:映画 雪の華の演技は?

中条あやみさんの比較的最近の出演作といえば、映画『雪の華』がありますよね。

2019年4月現在出演しているドラマ『白衣の戦士』とは違って、外国を舞台にした、かなり切ないラブストーリーとなっていました。

ドラマ『白衣の戦士』での演技力は微妙だといわれていた中条あやみさんではありますが、映画『雪の華』での演技力の評価は上々でした。

中条あやみさんはこういうタイプの作品のほうが向いているのかもしれませんね。

しかしながら、共演していた登坂広臣さんの演技のほうは、疑問視する評価もあったとか。

登坂広臣さんについては、髪型についても妙な噂が立っていました。

映画共演というものも、なかなか、うまくいかないものみたいですね。

中条あやみの演技力評価:ニセコイの演技は上手?下手?

中条あやみさんの演技力を評価していくうえでは、映画『ニセコイ』も欠かせません。

これは、低評価だったドラマ『白衣の戦士』とおなじで、あまりシリアスな感じの作品ではありませんでした。

ということは、ドラマ『白衣の戦士』同様、評価はよくなかったのでしょうか?

調べてみたところ、ずばり、低評価となってしまっていました。

中条あやみさんは金髪姿になっていたのですが、これからして不評だったというのですね。

演技も、顔芸がすごいという声も一部ではあったものの、基本的には低評価に終始しています。

中条あやみさんは、コメディ系には向いていないのでしょうか。

スポンサーリンク

中条あやみはハーフの外見で損してる?

ファッションモデルとしてはともかく、女優としての中条あやみさんには、演技に向いていないといった厳しい声もありました。

こんなことが言われるようになった原因なのですが、ずばり、ハーフであることがマイナスに働いていた?という観測もあったとか。

ハーフといえば、ヴィジュアル的にはかなりイメージがよさそうですが、どうしてなのでしょうか?

なんと、逆に、ハーフは個性的すぎるゆえに、いろんな役柄を演じ切るのは難しいと考えられていたというのです。

この考え方で言えば、中条あやみさんは、女優としてはハーフだということで損をしてしまっているのかもしれません。

中条あやみを支持する声

ドラマ『白衣の戦士』、映画『ニセコイ』などで、演技力の評価が辛辣になっていた、中条あやみさん。

しかしながら、もちろん、中条あやみさんに否定的な意見ばかりではありません。

映画『雪の華』はちゃんと高評価になっていました。

演じるキャラクターが優しそうなのが似合っているとか、配役上の条件次第といった評価も見られますね。

ファッションモデルとしてあれだけ実力が認められていた中条あやみさんです。

女優としてもまだまだ評価は上がっていくと思いますので、楽しみにしていきましょう。

スポンサーリンク

中条あやみのプロフィール

  • 本名 中条ポーリンあやみ(なかじょう ぽーりん あやみ)
  • 愛称 あやみん ポーちゃん ポーリン
  • 生年月日 1997年2月4日(22歳)
  • 出身地 大阪府大阪市阿倍野区
  • 血液型 O型
  • 身長 169cm
  • 体重 非公表
  • スリーサイズ 78-56-86
  • 趣味・特技 読書 英会話 ピアノ
  • 事務所 TENCARAT(テンカラット)

彼女は14歳の時に、家族旅行で立ち寄ったグアムの空港で、現在所属する事務所からスカウトされます。

芸能界に身を置いてすぐに、ファッション雑誌『seventeen』のオーディションに応募。

見事グランプリを獲得、そのまま2017年まで、seventeen専属モデルを務めます。その後、『CamCam』の専属モデルとしても活動しています。

ドラマ『黒の女教師』にて、2012年に女優デビュー。2年後の2014年には、映画『劇場版 零~ゼロ~』で主役に抜擢されます。

そして2016年には、5代目MCとして、紀行バラエティ『アナザースカイ』でストーリーテラーを務めます。

さらには音楽活動まで。少女漫画雑誌『花とゆめ』で連載中の『覆面系ノイズ』、こちらの実写版に主演した縁で、メジャーデビューまで果たしています。

主人公・ニノは、ロックバンド『NO hurry to shout;』のボーカル&ギター。作中の設定そのままに、『Close to me』というシングルをリリースしているのです。

そのマルチな活躍ぶりには舌を巻くほど。ここまで幅広いのは、芸能界の方でも珍しいのではないでしょうか。

中条あやみの演技力評価まとめ!演技下手と言われてる?出演経歴一覧まとめ

ここまで、中条あやみさんのキャリアと評判、そして演技力について検証してきました。

近年、テレビと映画の枠を越えて、次々と主演に抜擢されている事実には、あらためて驚かされます。

ここまで主役を張れるというのは、オーラや存在感あってのものでしょう。

『チア☆ダン』『3D彼女』などはアクション系とも言えるため、キビキビとした動作を含む演技においては、安定の活躍を見せています。

危険な演技にはスタントマンが用意されたり、コンピューターグラフィックスで処理される事もあるでしょう。しかし物語全体を通じて躍動していくためには、彼女自身の運動神経が不可欠。随所ではつらつとしたアクションを見せてくれています。

CMでもダンスを披露する機会が多いのは、彼女の特性を存分に活かしたプロデュースですね。

しかし演技には、往々にして繊細さも要求されるもの。

場面・ストーリー・キャラクターに合わせて、流れを壊さないよう立ち振る舞ってもらわないと、視聴者は一瞬で白けてしまいます。

それゆえに、ごくありふれた場面での、ごく些細な抑揚や所作を評価される事になります。とは言え、それは22歳の彼女にとっては、酷な要求かもしれません。

ただでさえ浮世離れしたスタイルと美貌。華やかさと同時にリアリティまで求めるのは、いささか気が引けるとも思えてきます。

時と共に円熟していくであろう中条あやみを、期待を込めて見守りたいものです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。