大野智が歌上手いとMステで騒動!歌声分析や癒し・病気への効果も?

スポンサーリンク

大野智が歌上手いことでMステで騒動があったってどうゆうこと?!ザ・テレビジョンの歌声分析もすごいことに・・・!癒し・病気への効果もあるって新聞で特集されてた?大野智が歌上手いと話題になったMステ騒動の件と歌声分析・癒し・病気への効果もチェックしてみました!

スポンサーリンク

大野智が歌上手い事でMステ視聴者がツイッターで話題になった事件も!

https://www.instagram.com/p/B2Y-y4jFZKf/?utm_source=ig_web_copy_link

嵐の大野智さんは、かなり多くの方々から愛されているアイドルです。

そんな大野智さんですが、とても歌が上手いということが話題となっています。

ツイッターで話題になったこともあるくらい歌が上手らしいのです。

調べてみると、たしかに大野智さんは歌が上手いということが巷では有名らしいのです。

もともとジャニーズに入ったあたりからボイストレーニングの教室には通っていたという大野さん。

「歌はもともと好きなんです。」

と本人も言っているくらいです。

ツイッターでも歌がうまいことへのコメントが多数寄せられています。

大野智がMステで披露した曲は?

嵐の大野智さんがMステで披露した曲は、SAKURAです

この曲は2015年2月25日に発売された嵐の45枚目のシングルです。

同年3月18日には、韓国でも発売されました。

オリコンでは週間1位を獲得しました。

また、2015年2月度月間1位(オリコン)に、2015年度上半期7位(オリコン)に、2015年度年間11位(オリコン)に輝きました。

ちなみに前の年の2014年には「誰も知らない」が発売されています。

また同じ2015年には「青空の下、キミのとなり」が発売されています。

この歌は前作から約9ヶ月ぶりのリリースとなりました。

通常盤と初回限定盤があり、初回限定盤には歌詞ブックレットと「Sakura」のビデオクリップとメイキング映像が収録されたDVDが付属となっています。

音楽情報誌「CD &DLデータ」が10~30代の男女を対象に調査を基に「さくらソング」を発表し、「Sakura」が7位にランクインしました。

また、6位には「サクラ咲け」がランクインしました。

スポンサーリンク

大野智の歌声分析が話題に!「ザ・テレビジョン」特集での評価は?

https://www.instagram.com/p/B2Y3YphlHyW/?utm_source=ig_web_copy_link

以前の「ザ・テレビジョン」で、ジャニーズイケボ(美歌声)の、完全分析が出ていました。

二週にわたりその特集がくまれ、最初の週は、嵐は「白が舞う」を日本音響研究所の鈴木創氏が分析されていました。

嵐の大野智さんは

「テクニックを生かせるバラードで輝く歌声「精密機械のように安定した音程。

美しいビブラート。

さらに滑舌もいいので歌詞がしっかり届く。

お手本のような歌い方です。

何を歌っても抜群に上手ですが、テクニックを生かせるバラードはより彼を輝かせるはずです。」と評価されています。」

次の週での大野智さんへの評価です。

「精密機械のような正確さと完成度

完成度が高く、技の引き出しも多い方。

ビブラートもきれいで、滑舌も良く歌詞がしっかり届きます。

音程もまるで精密機械のような正確さです。」

とかなり高い評価をもらっていることがわかります。

大野智の歌声には癒し効果があると言われている!1/fゆらぎとは?

大野智さんの歌声には癒しの効果があると言われています。

大野智さんの歌声には1/fゆらぎがあると言われているのです。

1/fゆらぎとは、パワー(スペクタル密度)が周波数fに反比例するゆらぎのことです。

ピンクノイズはこの1/fゆらぎを持つノイズであり、1/fノイズとも呼ばれています。

自然現象でも見ることができ、具体例としては人の心拍の間隔、ろうそくの炎の揺れ方、電車の揺れ方、小川のせせらぎの音、目の動き方、木漏れ日、蛍の光り方、などがあります。

1/fゆらぎの効果は世界的に研究されており、「1/fゆらぎに関する国際シンポジウム」が40年以上にわたって2年ごとに世界各国持ち回りで開催されています。

生物に与える効果については、生体のニューロン(神経細胞)が生体信号として電気パルス(電気信号)を発射しており、細胞の発射間隔を調べたら、その間隔が1/fゆらぎをしているということがわかっています。

このことから生体のリズムは基本的に1/fゆらぎをしていることがわかり、この1/fゆらぎは快適性と関係があることが判明しています。

人間の生体は五感を通じて外界から1/fゆらぎを感知すると、生体リズムと共鳴し、自立神経が整えられ、精神が安定し、活力がわくと考えられています。

物理学者の武者利光さんによる研究で、自然界の1/fゆらぎ音を聴くと脳内がα波の状態になり、人間の生体にリラクゼーション効果をもたらすと発表されています。

ヒーリング・ミュージックの効能の説明にも使われる言葉であり、規則正しい音とランダムで規則性がない音との中間の音で、音響振動数のゆらぎが生体リズムのゆらぎと同じ音楽は人に快適性やヒーリング効果を与えると考えられています。

この1/fゆらぎを持つ歌手がたまにいるようなのです。

大野智さんの歌声には1/fゆらぎがあるそうです。

スポンサーリンク

大野智の歌声には病気の治療効果も?メニエール効果が?

大野智さんの歌声には病気の治療の効果もあると言われています。

メニエール病とは「ストレスでめまいを起こす病気」です。

ストレスや寝不足、疲労、几帳面な性格からなるものと考えられています。

これは薬による治療だけではなく、安心してゆっくりとストレスの原因を見つめなおすこと、癒しの歌声を聴くことで改善されると言われています。

大野智さんの歌声にはそのメニエール効果があるとされています。

>>大野智の絵画作品の評価は?個展の画像!

大野智を含む嵐の歌声でうつの病気も改善した?

大野智さんの歌声がうつ病気を改善させたということをご存知でしょうか?

あるうつ病患者の女性が大野智さんの歌声をいつも聞いていたことで、うつ病が改善したらしいのです。

精神的にかなりまいり、うつ病になってしまったその女性は、精神病の治療に大野智さんの歌声を聞いていたそうなのです。

そうしたところうつ病の症状が改善したそうです。

ではうつ病と音楽にはどのような関係があるのでしょうか?

体は交感神経と副交感神経の神経に支配されています。

脳内にはセロトニンとドーパミンによって穏やかになったり行動的になったりするのです。

脳細胞は約1000億個あり、情報伝達と情報処理をやっています。

そのメリハリは脳内の神経伝達物質が行なっています。

活性化するときはドーパミン、穏やかにするときはセロトニンが、あたかも交感神経と副交感神経のように動いています。

脳が活発に動いているときはペーター波が出て、音楽を聴いて安らかになるとアルフィー波が出るのです。

眠くなるとシーター波が出て、睡眠するとデルタ波が出ます。

また、脳が活性化する状態は持続性がないため疲れてしまいます。

一般的には45分から60分と言われています。

この間隔で脳を休ませれば、次の集中力を生み出せることにつながるわけです。

うつの人は、脳のメリハリがない状態です。

いつもふさぎこみ、落ち込む、集中力がないなどの症状が出ます。

そこで能動的には歌や音楽を歌うことで脳は活性化するようです。

その後は、受動的に音楽をBGMとして聴くことで脳のメリハリがとれ、改善へと向かう効果が期待できると考えられています。

BGMとして音楽を聴くだけでもうつ病の改善効果が期待できるらしいのです。

大野智さんの歌声を聴いた方もこの効果でうつ病の症状が改善したとされているのです。

大野智さんの歌声が病気の患者さんを救ったというのはすごいことではないでしょうか。

大野智が歌上手いとMステで騒動!歌声分析や癒し・病気への効果も?まとめ

いかがでしたでしょうか?

大野智さんは、とても歌が上手な方のようです。

これからもご活躍を期待しています。

ちなみに、大野智さんは彼女さん?と呼ばれている人との騒動もいまだに注目が集まっているようです・・・こちらの記事でまとめてみました!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする