Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ワンチャン意味!下ネタ的使い方や麻雀とは?使い方違う説も

スポンサーリンク

ワンチャンの意味は注意!下ネタ的使い方と取られる可能性も?元ネタは麻雀?使い方違う説もあるので使用前にチェックしてみて!もはやスタンダードの「ワンチャン」の意味!下ネタ的使い方はどんな話の流れの時になる?例文もチェック!麻雀での意味は?使い方違う説も!

スポンサーリンク

ワンチャンの意味とは?下ネタ的な意味も?

新語や流行語は次々に登場してきますから、なかなか覚えきれませんよね。

そんななか、今回は、「ワンチャン」という言葉について、見ていきたいと思います。

どうしても犬をイメージしそうですが、そっちではなく、もともとは「ワン・チャンス」の略。

つまり、もしかしたらとか、ひょっとしたら、といった意味だったのです。

こうして見てみると、そこまで複雑だったり、特殊な意味を持った言葉というわけではなかったのですね。

会話での汎用性も高い言葉だと思いますから、ぜひ、積極的に使ってみてはいかがでしょうか?

しかし、その前の1つだけ、ぜひ、気を付けておきたいことがあったのです。

それは、ワンチャンには、下ネタとしての意味もあったということ。

まったくそういう意図がないのに、ワンチャンを使って、異性から引かれたりしたら嫌ですよね。

繰り返しますが、ここの部分はくれぐれも、間違いが起こったりしないよう、注意しておくようにしましょう。

>>あげみざわの意味!あげみざわよしことは?元ネタや歌詞、使い方も

ワンチャンを下ネタ的に使うときは?意味は?

もしかしたらとか、ひょっとしたら、といった意味だった、「ワンチャン」。

しかし、ワンチャンには、意外なことに、下ネタとしての意味もあったとか。

これはいったい、どういうことだったのでしょうか?

間違って恥をかくようなことがないよう、ぜひ、あらかじめ、意味を知っておきたいものですよね?

実は、下ネタとしてのワンチャンも、そもそもの意味自体は、いっしょだったのです。

つまりは、もしかしたらとか、ひょっとしたら、といった意味ですね。

要は、意味というよりも、使い方が問題なのでした。

たとえば、異性を念頭において、ワンチャンといった場合、うまくいけば、いかがわしい展開に持っていけるかも、といった使い方になってしまうというわけだったのですね。

そんな意図はまったくないにも関わらず、こんなふうに受け取られたらたまりませんから、気を付けておきたいですね。

ワンチャンを使う場合には、相手が自分とどういう関係なのか、事前に理解しておく必要性があるといえるでしょう。

>>エモい意味とは?ジャニーズオタクや若者の使い方、エモい曲(邦楽)とは

スポンサーリンク

ワンチャンの使い方を例文でチェック!

ここからは、そんないろんな意味があった「ワンチャン」について、使い方を見ていきたいと思います。

例文としては、相手から、「これからサッカーしない?」と誘われたとします。

この場合、「ワンチャンいけるかも」とあなたが返します。

そして、それに対して相手は、「ワンチャンいけたら、グラウンドに来て」と返す。

だいたい、こんな感じになりますね。

いちおう、普通の使い方だけではなく、下ネタになってしまう使い方も、覚えておきましょう。

もしも、間違って使ってしまうようなことがないように…。

例文としては、異性の相手から、「これから飲みに行かない?」と誘われたとします。

この場合、「君とだったらワンチャンいけるのかな」とあなたが返します。

そして、それに対して相手は、誤解してしまった場合、あなたと口をきいてくれなくなる…かもしれません。

だいたい、こんな感じになりますね。

こんな使い方をしてしまわないよう、一息ついて頭をしっかり整理してから、話しかけるようにしましょう。

ワンチャンだけじゃなく、ツーチャンもある?意味や使い方は?

このような意味、使い方があった「ワンチャン」。

しかし、実は、ワンチャンには、さらに、「ツーチャン」という進化系もあった?というのです。

調べてみたところ、これはうわさなどではなく、本当にあったみたいですね。

「ワンチャン」が「ワン・チャンス」の略だというなら、「ツーチャン」というのは、いったい、何の略だというのでしょうか?

これは、まさしく、そのまんまで、チャンスが1度ではなく、もっとあるという意味なのでした。

つまり、ワンチャンどころではなく、もっとチャンスがあることが期待できる場合に使われるという言葉だったのですね。

しかし、実際のところ、ワンチャンと比較してみると、ツーチャンの使用頻度はそこまで多くないようですけどね。

ということで、ツーチャンに関しては、念のため、使えそうなケースに備えて、頭の片隅に置いておくくらいの感じでいいのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ワンチャンの元ネタや由来は麻雀だった!

そんな「ワンチャン」は、意味だけではなく、元ネタや由来も気になってきますよね。

これは「あげまる水産」のように、若者が勝手に作り上げた用語なのでしょうか?

実は、そういうものではなく、まったく予想外のものだったのでした。

「ワンチャン」の元ネタや由来はなんと、あの、若者のイメージとはかけ離れた麻雀だったのでした。

麻雀の中にワンチャンという言葉があって、それをゲームの世界で若者が使い始めて、若者用語となったのですね。

若者が流行らせたことに変わりはなかったわけですが、まさか麻雀用語が若者用語に転化したとは、何事であっても、いちおう、調べてみないと分からないものですよね。

>>ベクトルとは?使い方や意味・ビジネス使用例を簡単にわかりやすく!

ワンチャン意味!下ネタ的使い方や麻雀とは?使い方違う説も!まとめ

今回は「ワンチャン意味!下ネタ的使い方や麻雀とは?使い方違う説も」という内容でご紹介してきましたが、いかがでしたか?

また、情報が入ったら更新していきますね!!

>>あざまる水産とは?よいしょ使用法や返し方、意味や歌もチェック!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。