Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ベクトルとは?使い方や意味・ビジネス使用例を簡単にわかりやすく!

ベクトルとは,使い方,意味,ビジネス,使用例,簡単に,わかりやすく

ベクトルとは、具体的にどんな意味の言葉なんでしょうか?その使い方や意味・ビジネスシーンでの使用例をわかりやすく解説していきます。ベクトルの意味を把握しておかないと、ビジネスでベクトルを合わせるのが難しく、ベクトルの違いに悩み、ベクトルを修正できなくなるかも?

スポンサーリンク

ベクトルとは?意味を簡単にわかりやすくチェック!

「ベクトル」という言葉を、よく聞くようになりました。

ビジネス用語として完全に定着した感があり、時には日常会話にも登場します。

新手のカタカナ用語ですが、具体的に純粋な日本語で言い換えると、以下のような意味があります。

・方向性

・志向性

・目標

元々は数学や物理学で使われる言葉でしたが、世間一般の仕事においても、使い勝手が良さそう。

オシャレで意識高い感じの響きがありますよね。

それに実務面でも、お互いの方向性を確認するのは重要だったりします。

カタカナ言葉でやんわりと濁しつつも、人間関係の重要テーマを内包しているわけです。

とても現代的なフレーズですね。

今の時代のコミュニケーションに、まさにベクトルを合わせるかのように誕生したんですね(笑)。

ベクトルとは?ビジネスでの使い方例

それではビジネスシーンでの使い方を挙げてみましょう。

「今回のプロジェクトでは、ファミリー向けの新商品を企画します」

 「おい君! それでは我が社のベクトルに合わないぞ!」

企画の出来うんぬんの前に、会社の方針に反していたんですね。

あやうく開発してしまうところでした。

②「○○部長とはベクトルが真逆だ~」

部長とは目標としているゴールが違うのか、それに至る段取りで揉めているのかは分かりませんが、

何か噛み合わないという事がヒシヒシと伝わってきます。

やり方が違うと言っているだけで、失礼にあたる表現ではありませんね。

単なる愚痴のようでいて、実に現代的に洗練されています。

スポンサーリンク

ベクトルとは?日常での使い方例

次に日常会話での使い方を探ってみましょう。

①「闇鍋じゃないのよ。そっちのベクトルじゃないのよ」

鍋料理を振る舞ってくれたのは嬉しいが、まさかの闇鍋だった。

正直なところ普通の鍋が食べたかった。

サービス精神の方向性が違っていた事を表しています。

角が立たない言い回しとして、本当に便利な言葉です。

②「そのベクトルで合ってるぞ! 自分を信じろ!!」

これは素晴らしい叱咤激励の言葉。

根源的な方向性について、すごく褒めてくれています。

未完成であったり、実力不足であったりしても、そのまま努力を続けてほしい。

迷走しないでほしいと思った時に、ぜひ使いたいフレーズですね。

ベクトルの類語は?

語源はドイツ語の「vector」で、英語読みだと「ベクター」になります。

しかしベクターは、グラフィックデザインで使われる用語で、だいぶ違う意味になってくるので注意が必要です。

ベクトルの類語として使用可能なものには、以下のような言葉があります。

スタイル/スタンス/進路/道筋/ルート/ビジョン/コンセプト

どんな人間関係でも、方向性を摺り合わせるのは大事ですから、結果的に様々な表現が生まれてきたんですね。

しかし目下のところ、ベクトルが一番新しい気がしますので、まずは優先してベクトルを使っていくのが良いと思われます。

堅くなりすぎず、大袈裟になりすぎない言葉として、ベクトルは重宝しますね。

>>エモい意味とは?ジャニーズオタクや若者の使い方、エモい曲(邦楽)とは

ベクトルとは?使い方や意味・ビジネス使用例を簡単にわかりやすく!まとめ

ここまでベクトルについて検証してきましたが、やっぱり流行るだけあって便利な言葉でした。

とは言え、あまりに繰り返し使うのも抵抗があります。

他の類語や、純粋な日本語表現に置き換えつつも、ここぞという時にはベクトルで行きたいもの。

実際それぐらい便利で重要な言葉です。

今の自分は、このベクトルで合っているのか?

折に触れて自問自答する事で、仕事や人生の精度が上がっていくかも??

>>あざまる水産とは?よいしょ使用法や返し方、意味や歌もチェック!

>>ワンチャン意味!下ネタ的使い方や麻雀とは?使い方違う説も

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。