Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

清宮幸太郎は評価低い?現在は評価しすぎと言われている理由を調査!

清宮幸太郎,評価低い,現在,評価しすぎ

清宮幸太郎は現在は評価低いと言われているの?『評価しすぎ』と言われている理由を調査しました!大人気清宮幸太郎をプロから見ると評価低いのでしょうか?現在は評価しすぎと言われている理由はなぜ?ネットでの反応も交えて、チェックしていきましょう。清宮幸太郎の評価は?


清宮幸太郎を周りは評価しすぎなの?

清宮幸太郎,評価低い,現在,評価しすぎ

引用:https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2018/03/04/___split_25/

清宮幸太郎さんといえば、後述のとおり、すさまじいいきおいのドラフト指名をめぐる攻防の末、北海道日本ハムファイターズに入団したプロ野球選手!

が、彼については、「評価しすぎ」ともいわれているそうなのです。

これはどうしてなのかが気になりますよね…?

どうやら、清宮幸太郎さんのプロ野球選手としてのキャリアが影響していたみたいです。

清宮幸太郎さんが注目を集めているのは事実です。

しかし、まだ高卒1年目のルーキーですので、そこまで評価するのは酷ということだったみたいです。

たしかに、あまりにも過剰に評価されれば、かえって清宮幸太郎さんにとってもよくない結果になってしまうかもしれません。

まだまだ先は長いわけですし、本人のためにも冷静に扱っていった方がいいのはたしかでしょう。

清宮幸太郎は守備が弱いという噂は?

さて、清宮幸太郎さんについては、守備が下手なのではないか、などという見方もあったそうなのです。

あれだけ期待されてドラフト指名を受け、北海道日本ハムファイターズに入団したプロ野球選手にしては、かなり意外な感じがしますけどね。

が、一方では、清宮幸太郎さんはポジションがファーストであるため、もともと守備がうまくなくても何とかなるのではないか、という擁護意見もありました。

下手でないにこしたことはありませんし、今後、清宮幸太郎さんには守備力を上げていってほしいと思いますけどね。

いかんせんプロデビューしてからまだ1年しか経っていない、清宮幸太郎さんです。

これから先、まだまだ守備力をアップさせていって、北海道日本ハムファイターズにおいて、さらなる活躍を見せてくれることでしょう!

清宮幸太郎のが評価高いのは表向き?

和製ベーブ・ルースとの異名を持つ、北海道日本ハムファイターズの清宮幸太郎さん。

そんな清宮幸太郎さんをめぐっては、2017年、7つもの球団からドラフト会議で熱烈なオファーがありました。

その評価はどうなっていたのかというと、飛距離がすごいとか、大量のホームランが期待できるとか、とても高いものだったといいます。

「100年に1度の選手」なんて評もあったそうで、単なる高評価という域を超えて、異様ともいっていいくらいの持ち上げ方だったみたいですね。

ところがその一方では、各球団は清宮幸太郎さんのことを評価しすぎだったのではないか、という見方もありました。

なかなかよく分からないのですが、これはいったい、どういうことなのでしょうか…?

実は、当時の各球団による清宮幸太郎さんへの礼賛は表だけで、本音ではそこまで評価していたわけではなかったそうなのです。

もちろん、清宮幸太郎さんが優秀だという評価は間違いなかったのですが、こういった真相のほうが、むしろ常識的なものなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

清宮幸太郎一家は阪神ファン?

清宮幸太郎さんのドラフト指名をめぐっては、進路も話題となりました。

結局、北海道日本ハムファイターズに入団となった、清宮幸太郎さん。

が、一時は阪神説や巨人説もあったというのです。

当初、もっとも有力だといわれていたのは阪神で、その理由としては、清宮幸太郎さんだけではなく、家族もみんなファンだからだといわれていました。

もちろん、それだけではなく、阪神に清宮幸太郎さんのような人材がいないことも挙げられていました。

一方で、ポスティングで選手をメジャー移籍させないという方針を変えようとしていたという巨人も候補になっていました。

一説によれば、メジャー志向が強いという清宮幸太郎さんへの配慮ではないかとのことでした。

最終的には、清宮幸太郎さんは北海道日本ハムファイターズに入団したわけですが、こんな舞台裏もあったのですね。

清宮幸太郎に弱点?清宮家の環境とは?

怪物とも称される大物ルーキーの清宮幸太郎さんですが、弱点もささやかれていたとか。

それは、インハイのコースを突かれたときだといわれていました。

さらに、インハイを意識しすぎたことによる、左の外角スライダーへの弱さも指摘されていたそうですね。

誰でも弱点はありますから、今後の克服課題となっていくことでしょう。

ともあれ、怪物と呼ばれる以上、彼の育った環境も気になります。

調べてみると、自宅は地下にトレーニング室があり、清宮幸太郎さんに大きな影響を与えたそう。

彼は父が元ラグビー選手、母が元ゴルフ選手でもありますから、家系も大きく影響したのでしょうね。

清宮幸太郎の打撃。評価しすぎ?

そんな清宮幸太郎さんの打撃に関する評価は、どのようになっているのでしょうか…?

立浪和義さんは、清宮幸太郎さんのホームランについて、高評価していました。

高校時代にフォームが安定しており、成長が認められるというのです。

さらには、野村弘樹さんからも高評価を受けていました。

清宮幸太郎さんはボールを冷静に打ち返しているというものでした。

しかし、これだけにとどまることなく、新井宏昌さんも、彼のパワーを伝える技術を絶賛!

ここまで各方面から現在、高評価されている以上、清宮幸太郎さんの将来はとても明るいものと見ていいでしょう。

しかしながら、清宮幸太郎さんはプロ野球選手として弱点も抱えていると指摘されている以上は、しっかりとバランスを取っていってほしいものですけどね。

スポンサーリンク

清宮幸太郎のスカウトの評価が低い?

すでにお伝えしました通り、清宮幸太郎さんは、守備が弱点として問題視されていました。

スカウトの段階で評価が低かったといいますが、その原因とはどういうことだったのかが気になりますよね。

具体的には、送球のエラー、短距離における送球がまずい、肩が弱いといったことみたいでした。

最終的に北海道日本ハムファイターズに入団し、人気ルーキーとなった清宮幸太郎さんでしたが、スカウト時には、厳しい声もあったのですね…。

ぜひとも、こうした声をバネにして、野球界を盛り上げていけるような選手になってくれればと思います!

清宮幸太郎のプロフィール。

最後になりましたが、清宮幸太郎さんのおおまかなプロフィールもチェックしておきましょう。

清宮幸太郎さんは、1999年5月25日、東京都出身の18歳。

早稲田実業学校高等部時代には、WBSC U-18ワールドカップ日本代表の主将も務めています。

そして、早稲田実業学校高等部卒業後の2017年、北海道日本ハムファイターズに入団しました。

そんな清宮幸太郎さんの将来性の評価も気になってきますよね?

清宮幸太郎さんが入団した北海道日本ハムファイターズは、もともと選手の育成については、おおきな定評があります。

そのため、清宮幸太郎さんを選んだ以上は、北海道日本ハムファイターズは彼の将来性を高く評価しているといえるでしょう。

大谷翔平さんがそうなったように、清宮幸太郎さんも、日本を代表するようなプロ野球選手になってくれるのではないでしょうか?

清宮幸太郎は評価低い?現在は評価しすぎと言われている理由を調査!まとめ

今回は『清宮幸太郎は評価低い?現在は評価しすぎと言われている理由を調査!』という内容でご紹介してきましたが、いかがでしたか?

また新情報が入ったら更新していきますね!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。