熱闘甲子園の春2020!春選抜の組み合わせ・当日券・視聴方法は?

熱闘甲子園の春2020情報をまとめました!春選抜の組み合わせ・当日券・視聴方法は?いろんな情報が錯綜していますが、ここでチェック!熱闘甲子園の春2020!春選抜の組み合わせ・当日券・視聴方法も合わせてチェックしてみてくださいね!甲子園を全力でチェック!

スポンサーリンク

熱闘甲子園は春の選抜でも放送される?視聴方法は?

熱闘甲子園,春,2018,春選抜,組み合わせ,当日券,視聴方法

高校生の熱い戦いを伝える番組なので、見るほうもわけが分からなくなって、どうなっているのか分からなくなるのでしょうけれど、熱闘甲子園という番組は春には放送されていませんよ。

選抜「みんなの甲子園」2018の視聴方法は?(全国・東京)

その代わりというわけではありませんが、「みんなの甲子園」という番組があります。

毎日放送で放送されています。

しかし関西ローカルですので他地域では見ることができません。

しかし、CS放送のGAORAを購入してください。見ることができます。

全試合ネット中継してる!開幕・決勝戦はツイッターで生中継も!

ネットでも見ることができますよ。

次のサイトを見てください。主催者である毎日新聞のサイトです。

https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/

ツイッターの「#センバツ」では動画も見ることができるようになっています。

春の選抜高校野球の組み合わせ表はこちらでチェック!

春の選抜大会はトーナメントが事前に決まりますので、決勝までの道筋が見えますね。

夏の大会は対戦相手のくじ引きは大会中に順次行われますから、そのへんが違うところですね。

主催者である毎日新聞のサイトをチェックしてください。

https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2018/tournament/

春の高校野球の21世紀枠ってなに?神宮大会枠とは?

他校の模範となるチームを選ぶのが21世紀枠です。

2校選ばれます。

そして秋に行われる神宮大会で優勝したチームの地区からもう1校選ばれます。

これが神宮大会枠です

選抜大会というのはその名のとおり選抜されるわけです。

基本的には秋の各地区の大会で優勝またはそれに準じた成績を残したチームが選ばれるわけですが、選抜ですから絶対というわけではないのですね。

各地区の校数の割り振りなどによって、予想外のチームが選ばれたり、または今回は大丈夫と思っていたチームが選ばれなかったりするわけです。

それは主催者および高野連が決めることですのでしょうがないことなのですね。

熱闘甲子園の春2020の当日券と前売り券をゲットする方法。

前売り券は、毎日新聞大阪本社3階、ミズノ淀屋橋店、三宮阪神プレイガイド、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスなどで購入できます。

当日券は甲子園球場チケット売場で大会期間中、開門と同時に発売となります。

スポンサーリンク

熱闘甲子園が春にやらない理由は?選抜と夏の甲子園はどう違う?

『熱闘甲子園』というのは朝日放送が夏の高校野球の結果を放送する番組です。

夏の全国高等学校野球選手権大会は朝日新聞が主催しています。

ですから系列の朝日放送が全試合の中継そして、そしてそういった結果をお知らせするための番組を放送するわけですね。

朝日放送の系列のCS放送であるスカイAでも見ることができますよ。

春の大会は主催者が違いますからやらないのですよ。

春の選抜大会は毎日新聞が主催しますので、系列とは厳密にはいえないのですけれど、毎日放送およびその系列のCS放送であるGAORAが、大会結果について放送するわけです。

それが『みんなの甲子園』です。

朝日放送が春に『熱闘甲子園』を放送したっていいんですよ。

でも遠慮してというか、面倒くさいのでやらないのですね。

夏にやるから勘弁してよっていうことですよ。

スポンサーリンク

熱闘甲子園の春2020!春選抜の組み合わせ・当日券・視聴方法は?まとめ

4月4日、12時半から決勝戦が始まっています。

大阪桐蔭対智弁和歌山です。

大阪桐蔭は2年連続優勝を狙っているのですね。

智弁和歌山は勝てば選抜大会2度目の優勝となります。

どちらも前日の準決勝では厳しい試合を勝ち抜きました。

実力校は底力が違いますね。

決勝戦は拮抗した試合となっています。

エースを温存している智弁和歌山が4回に2点を先制したのですが、その裏、大阪桐蔭が相手のミスに乗じて同点に追いつきました。

お互いに打撃のチームなのですが、7回まで2対2というスコアのゲームとなっています。

智弁和歌山は7回裏からエースピッチャーを登板させました。

ここから点はやらないということですね。

そして1点でもとって逃げ切ろうということです。

しかしこのエースは昨日の準決勝、東海大相模戦でもでも9イニング近くを投げ、6失点していますからね。どうなるのでしょうか。

このへんが甲子園で70勝を記録している智弁和歌山のベテラン監督の采配の見せ所なのでしょうね。

しかしやはり疲れがあるのでしょうね。

いきなり1点取られてしまいました。逆転です。大阪桐蔭が3対2としました。

8回裏も智弁和歌山のエースは苦しいピッチングです。先頭打者をフォアボールで出塁させてしまいました。さらにエラーとヒットで大阪桐蔭が1点追加しましたね。4対2です。

さらにヒットで1点追加して5対2です。

エースピッチャーがノックアウトです。交代となりました。

智弁和歌山のベテラン監督の思うような展開にはなりませんでしたね。

交代した第3の投手は後続を抑えてなんとかしのぎました。

しかし3点差となっています。

ここからが強打の智弁和歌山の実力を発揮するところですね。

昨日の準決勝でも1回に0対4とリードされてしまったところからの逆転勝ちでしたからね。

さあ9回です。

どうなるのでしょうか。背番号6の投手に2点に抑えられて準優勝で終わるのでしょうか。

なかなかどうして、先頭バッターがヒットで出塁しました。

智弁和歌山にとっては3点差なんてあっという間ですからね。

しかし次の打者はなんと空振り三振でした。

この大阪桐蔭の背番号6の投手はすごいですね。

準決勝でも好投していたのでした。

この投手、背番号6なんですけれど、1年前の決勝戦でも最後にマウンドにいたのはこの投手だったのです。

すごいですね。

9回を投げ続けても球速が衰えていません。

昨日も99球投げていたのですよ。

次の打者はセンターフライに倒れました。2アウトです。

最後の打者はファーストゴロでした。

試合終了です。

大阪桐蔭が2年連続3回目の選抜優勝となりました。

選抜連覇は史上3校目、36年ぶりのことなのでした。

素晴らしいですね。

強打の智弁和歌山を2点に押さえて完投した投手が褒め称えられます。

そしてミスをしなかった守備力も光りました。

さらにチャンスを確実にものにした打線も立派でしたね。

この2校はこれまでの公式戦でよく対戦していたそうです。

そしていずれの試合も大阪桐蔭が勝っていたのですね。

ですからこの試合も先制されたとはいえ落ち着いていたのでしょう。

大阪桐蔭、西谷監督がこの試合を前にたとえ先制されたとしてもあわてることはないと指導されていたのだと思います。

選手の力と監督の采配がかみ合っての見事な勝利でした。

西谷監督は大阪桐蔭の投手に智弁和歌山の打者が合っていないということを見抜いて、投手を続投させ、逆転勝ちに繋げたのでした。

選手全員が必ず連覇するという決意を持って臨み、部員41名そして応援の皆さん一丸となって戦ったのだそうでした。

第90回記念選抜高校野球大会は大阪桐蔭の2連覇で幕を閉じました。

夏の大会も楽しみですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。