池江璃花子の母親凄い!高校はどこで偏差値や卒業後の大学進学!日大合格も辞退説が…

スポンサーリンク

池江璃花子の母親が凄いと言われてるワケは?通っている高校はどこで偏差値はどうなの?卒業後の大学進学の話も話題に!日大合格するも辞退説が…、どうするの?池江璃花子の母親凄い!高校はどこで偏差値や卒業後の大学進学!日大合格も辞退説についてもチェックしてみました。

スポンサーリンク

池江璃花子は日大に合格!選ぶのは大学進学の道?辞退はしない?

競泳選手として有名な池江璃花子さんが白血病だったという衝撃的な事実が発覚したということで、とても世間で案じられていますね。

さて、そんな池江璃花子さんは、実は、日本大学に合格していました。

2018年に、日本大学スポーツ科学部に、AO入試で合格していたのです。

池江璃花子さんは、2019年2月現在、高校3年ですが、2019年4月から日本大学スポーツ科学部に進学する意向だったとのこと。

日本大学水泳部は、日本水泳連盟会長を務めた古橋広之進さんも出身であるなど、名望が高いため、本来であれば、とても喜ばしいところでしょう。

しかしながら、せっかくの日大合格という明るいニュースだったのに、白血病だったと分かってしまったことで、実に懸念されますね。

池江璃花子さんが病気を克服し、日本大学スポーツ科学部に無事に大学進学できることを心より願いたいと思います。

池江璃花子の日大進学は変更なしの意向!

こともあろうに白血病にかかっていたということで、まずはしっかり療養していただきたい、池江璃花子さん。

しかしながら、せっかく合格した日本大学スポーツ科学部に進学できるのかどうかについても、とても気になりますよね。

はたして、日本大学スポーツ科学部への進学は、今後、どうなっていくというのでしょうか?

どうやら、池江璃花子さんの日本大学スポーツ科学部への進学については、まったく変更がないそうです。

日本水泳連盟副会長によれば、池江璃花子さんとは、日本大学スポーツ科学部への入学といい、日本大学水泳部への入部といい、ちゃんと確認を取っているとのこと。

池江璃花子さん本人も、日本選手権への出場はあきらめざるを得ないという趣旨のことを述べていますが、日本大学スポーツ科学部への進学の変更に関する発言はありませんでした。

スポンサーリンク

池江璃花子のコーチに変更の予定も無し?

池江璃花子さんは、日本大学スポーツ科学部へ進学することになっていましたが、日本大学水泳部への入部も興味深いところですよね。

現在の状況下では、日本大学スポーツ科学部への進学も、日本大学水泳部への入部も、もしできたとしても、通学や部活動ができるのかは不透明な部分もあると考えざるを得ませんからね。

さて、池江璃花子さんといえば、2018年5月から、三木二郎コーチによる指導を受けていたことでも知られています。

では、日本大学スポーツ科学部へ進学した後は、コーチはどうなるのでしょうか。

あらたなコーチに代わるのか、三木二郎コーチが続投するのかが気になりますからね。

これにつきましては、引き続き、三木二郎コーチが続けていくことになるそうです。

しかし、三木二郎コーチは、もともと日本大学の出身者でもあります。

であれば、あえて別のコーチに代える必要性もないものと思われますので、当然ことでしょうね。

池江璃花子が日大を辞退しない理由は?

池江璃花子さんと日本大学については、「辞退」ということも話題になっていたそうです。

白血病の関係で、そんなことが言われるようになったのでしょうか?

実は、そうではなく、例のアメフト問題が絡んでいたそうなのです。

2018年といえば、たしかに、池江璃花子さんの日本大学スポーツ科学部合格と同時に、アメフト問題でもそうとう揺れていましたからね。

それでは、池江璃花子さんが日大辞退を決めなかった理由とは、はたして、何だったのでしょう。

1つめには、三木二郎コーチの存在がありました。

三木二郎コーチが日本大学出身者だったため、これは当たり前だといえそうですね。

2つめには、先輩後輩の関係がありました。

先輩ながらも、実際には友人のような関係だという長谷川涼香さんが日本大学に進学していたからなのです。

3つめには、日本大学の場合、とてもトレーニングの環境が充実していたからだといわれていました。

なにしろ、あの古橋広之進さんも輩出したレベルの水泳の名門校ですからね。

これらを考えれば、池江璃花子さんが日本大学を辞退しなければいけない理由など、むしろないといえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

池江璃花子の現在の高校はどこなの?偏差値は?

日本大学スポーツ科学部に進学するという池江璃花子さんですが、2019年現在在籍している高校はどこかというと、淑徳巣鴨高校でした。

池江璃花子さんの経歴を考えれば納得ですが、淑徳巣鴨高校はもともと水泳の名門校とのこと。

そんな淑徳巣鴨高校の偏差値は、いったい、どれくらいだったのでしょうか?

アスリートである以上、偏差値はあまり本質的な部分ではないものの、池江璃花子さんのような有名選手であれば、やっぱり知りたいですからね。

調べてみましたが、淑徳巣鴨高校の偏差値は、コースによって異なっていたようでした。

おおよそ、56から64だといわれていたのです。

けっこう幅があるようですが、このあいだであれば、池江璃花子さんは、学力的にも優秀だといえるかと思います。

もっとも、池江璃花子さんが淑徳巣鴨高校に入学したのは、スポーツ推薦ではないかとみられているようですが。

池江璃花子の中学はどこだった?

2019年2月現在、通っている高校は淑徳巣鴨高校、そして、進学予定の大学は日本大学スポーツ科学部だったという、池江璃花子さん。

となってくれば、それ以前の池江璃花子さんの中学が、いったいどこだったのかも、知りたいものでしょう。

さっそく探ってみると、江戸川区立小岩第四中学校だったということが分かりました。

池江璃花子さんは、江戸川区立小岩第四中学校時代に、水泳選手としては飛躍的な進歩を遂げていました。

池江璃花子さんも、淑徳巣鴨高校卒業を間近に控えた今、そんな江戸川区立小岩第四中学校時代を思い出すことは、少なくないのではないでしょうか。

なお、池江璃花子さんの小学校は、江戸川区立西小岩小学校だったそうですよ。

スポンサーリンク

池江璃花子の身長は本当に176?体重等も気になる

アスリートであるだけに、池江璃花子さんのスタイルも気になりますね。

身長、体重、スリーサイズといったことは、判明しているのでしょうか?

それとも、明らかになっていなかったのでしょうか?

なんと、池江璃花子さんの身長については、信じられない情報がありました。

身長176センチ?といわれていたのです。

いくらなんでも高すぎると思いましたが、実際には171センチみたいですね。

171センチでもそうとうなものだと思いますが。

なお、体重は57キロだそうですが、スリーサイズは不明でした。

池江璃花子さんはアスリートであって、アイドルなどではありませんから、もっともなことかもしれません。

池江璃花子の母親はどんな人?どんな教育をしてきた?

さて、池江璃花子さんの家族についても興味は尽きませんよね。

池江璃花子さんの家族に関しては、とくに母親が注目されていたようです。

池江璃花子さんの母親もアスリートだったのでしょうか?

そういうわけではなかったものの、すごい人だったようです。

池江璃花子さんの母親は池江美由紀さんといって、内村航平さんや本田望結さんも教育を受けた幼児教室を経営していたとのこと。

自身がアスリートでなくても、アスリートを育てるというのもたいしたものでしょう。

池江璃花子さんの教育も、生まれて間もないころから始め、体力作りも徹底したとか。

このような母親であるならば、池江璃花子さんがあのようなアスリートに育ったことも、とてもよく分かりますね。

池江璃花子の母親凄い!高校はどこで偏差値や卒業後の大学進学!日大合格も辞退説が…まとめ

今回は「池江璃花子の母親凄い!高校はどこで偏差値や卒業後の大学進学!日大合格も辞退説が…」という内容でご紹介してきましたが、いかがでしたか?

また、情報が入ったら更新していきますね!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。